美白化粧品はおすすめの商品を活用しよう|絶大な効果

婦人

肌に潤いを保つために

基礎化粧品

乾燥の原因

お肌のカサつきや乾燥肌は気になるものです。正しいスキンケアをしているつもりでもなかなか保湿ができないこともあるでしょう。乾燥肌とは、お肌の水分が足りない状態をいいます。通常肌の水分は、表皮の角質細胞の中にある天然保湿因子と角質間脂質が水分をため込むことで保たれています。それが蒸発しないように肌の上には薄い脂質の膜があり肌を刺激から守る役割をしてくれています。この機能のうちのどこかに異常をきたしてしまうと、肌の水分が失われ乾燥肌となってしまいます。例えば日々のストレスや、睡眠不足、紫外線などの影響を受けると天然保湿因子は十分に働かなくなってしましますし、食べ物などの影響でも皮脂が減少してしまいます。スキンケアでは、足りない水分を補い肌を守るのと同時に保湿因子をうまく働かせることが大切です。

負担のない洗顔と保湿

乾燥肌の対策には、健康的な食生活と適切なスキンケアが欠かせません。まず洗顔の際には、なるべく刺激の少ないものを選びましょう。できればクレンジングは避け洗顔のみにした方が、保湿因子を傷つけません。そのためには石油系の合成界面活性剤の入っていない、純石けんや、オイルを使ってメイクを落とします。石鹸をしっかり泡立たせてから優しく肌を包むように洗うと、摩擦が少なくストレスになりません。洗顔後のスキンケアには、保湿成分の多い化粧水が適しています。化粧水は水溶性の保湿成分を肌の奥に浸透させるためのものですから、コラーゲンやヒアルロン酸、リジン、グリシンなどが向いています。その後、乳液やクリームで保湿します。この際には脂溶性の保湿成分であるセラミドが配合されているものが効果的でしょう。